「アドバイス」を頂くんですか?



おはようございます。最近、美少女ネタが思いの外、身内やら外側やらからバッシングを受けているけどやめる気は無い地雷ことぴこです。

こんなブログ誰も見てなさそうですし、某ランダム使いもメイトの日記に好き勝手書いてるし、いいですよね?多分何言われてもこんな感じで書いていきますのでよろしくお願い致します!

さて、前回アドバイスをする側に立っての意見を述べてきましたが、今回は受ける側です。いわゆる私のようなクソ雑魚プレイヤーから上級者まで誰しもが1度はなる立場である受ける側ですが、受ける側にも意識しておかなければならないことがする側の人間よりも遥かに重要であると言えると思います。

世の中にはアドバイスを受けるのが上手い人、下手な人がいます。上手い人、下手な人の特徴をよく見てアドバイスを受ける側としての礼儀、受け入れる姿勢を述べてみたいと思います。

かなり前ですが、人の会話を何気なく見ていたらこんなやり取りを見かけました。
(あくまで例ですので実際とは異なりますが、ここではAはレート1400、Bはレート1700くらいの人とします。)

A「私は何故負けるのでしょうか...全くわからないんですよね...直そうとは思っても思いつかなくて...」

B「うーん、君はちょっと引き行動が多すぎて、ピシッと締めるところで締め切れてないんじゃないかな?」

A「いやでも...それはそこで引くのは正しいと私は思うんですよね。だって引かないとやり返されちゃうじゃないですか。」

B「まぁ、確かに大事だけどちゃんと頭使ってそこ直さないとさ、倒せないと思うよ?」

A「私だって考えて行動してるんですよ!!引き行動大事だって自分でわかって取り入れてるんです!!もっと別の要因があるんですよ!」

は?

私はシンプルにこう思いました。

何故なら

「求めているのにも関わらず全くその意見を取り入れる姿勢が無く、自分1人という短い定規でしか物を測れない人間である」

ことを自己主張していることにほかならないからです。
確かにアドバイスは否定されることと同じですから、腹を立てるのは理解できます。反論したくなりますよね。ですがこの場合「自分から求めているにも関わらず反論している」ということが問題であると言えます。こんなことをしていたらいくら優秀なアドバイザーであってもお手上げ状態になってしまいます。

負けず嫌いな我々は否定の言葉を受けるとつい、反論したくなります。受け入れたら負けた気がしますし、気持ちは大いに理解できます。ですが、ちょっと冷静に考えてみるとおかしい話です。結果としてアドバイスを求める立場になってしまったつまりアドバイスをお願いする立場にAさんはなりました。相手が優位であることをアドバイスをお願いした時点で相手が自分より優位にいる、ということを認めたことになります。相手が優位にいるということであれば、素直に受け入れるのがマナーなのではないでしょうか?そんなことをしていたら2度とアドバイスを貰えなくなる、なんてことも起こりうることです。

また、このAさんは質問が「なぜ勝てないのか」というかなり抽象的なものになっています。これに関しては様々な人がこのような抽象的な質問をしているのを頻繁に見かけます。本当に何もわからないのなら仕方ないかも知れません。ですが、

「抽象的な質問は、自分にとって余分な回答まで得られてしまう」

ということを意識しなければなりません。確かにBさんは懸命に考え、的確な答えを出しています。しかしそれはBさんがアドバイスをする上で優秀であり、相手を見る目が備わっていたからきちんと回答を得られたに過ぎません。

受け手がきちんとした質問をすることできちんとした回答を得ることができるという当たり前のコミュニケーションを悩んでいるうちにどこかへ忘れてきてしまっている人がとても多いような気がします。

また、受けるのが下手な人は行動と気持ちが伴っていない場合が多いです。前回の「アドバイスは情報提供に留めるべし」というのはこのような受けるのが下手な人にも有効なアドバイスのやり方、ということになります。ちなみに上手い人はそもそも言い返すことはほとんどありません。


さて、ここまで下手な人間について長々垂れ流しをしましたが、実は上手い人についてはあまり言うことがありません。シンプルにまとめることができます。

1.質問がより具体的(な状況について)である。

2.最初にする質問がかなり短く、明確である。

3.上記二つの質問をし、それでも疑問に思ったら掘り下げて質問を繰り返す。

主にこの3つだと思っています。また、この3つができるひとは

自分のダメな部分を分析するのがかなり上手い

と、言えます。これは相手に考えさせるポイントを絞らせ、自分にとって必要な情報のみをピックアップしてもらい、そこについて深く考えてもらえるというメリットがあります。

抽象的な質問では、あれもかなーこれもかなーと、複数考えさせてしまい、的確な答えを返すのが難しくなってしまいます。しかし、質問の的を絞り、答えを出しやすくすることで、より的確でより早い回答を出すことができます。上手い人はこれをやれる人がほとんどです。

まとめると、

質問する前に必ず、

自分の質問は抽象的ではないか

「ある程度は」言われても仕方ないな。と受け入れる気持ち

があるかどうかの確認をするべきであると思います。

なぜある程度かと言うと、私はアドバイスを貰ったらなんでも受け入れろ!という理論を信じていません。萎える時は萎えますし、ガン萎えして1700から1400まで落とすようなお兄様もいるのが現実です。腹立つあまりコントローラーぶん投げてみたり、3DSを肘で破壊してみたり、自分を殴るアホまでいるのですから、現実は厳しいです。萎える時はきちんと休んでください。地雷になっちゃいますよ?癒して欲しかったらあたしのおうちでいいこt(

今日のまとめ

1.アドバイスを受けたら腹は立ててもいいけど反論すんな!!違ってると思ったら別の人にきけ!文句言うな!

2.できるだけ質問は具体的に!!


以上です。


さて、長々書きましたがまた暇があったら書こうと思います。意外と楽しいですね。日記を結構書くししょーの気持ちがわかった気がします。

では、失礼します。皆様のお暇を潰せたことを心から祈っています。

「アドバイス」ってなんですか?

※初めて書くのでほんとに暇つぶしにもならないかもしれません。ご注意下さい。

どうも、静岡で美少女やってます。キャリアウーマンです。生涯のwith B 、募集してます。


この世に男が何人いるかは置いておいて、スマブラ界においてオフが身近になり、各所で盛んになりつつある中、静岡においてもクソ田舎の小規模しか開けないクソ雑魚オフに集まって下さっている集いの民、並びに遊びに来てくださる方全てにこの場を借りて感謝を申し上げます。

さて、皆さんは対戦後にアドバイスをする、又は受ける事が増えてきたのではないでしょうか?徐々に実力を付け、お互いが高め合うにはアドバイスは必須のものであると言えるでしょうし、私もアドバイスを受けることで徐々にぴこくんの動きが良くなってる!とか、ぴこちゃんの言ってたことやったらできたよ!などと言っていただけると大変嬉しいものです。

ですがアドバイスを与える、受ける際こう思ったことは無いでしょうか?

「俺はこんなに細かく教えてるのに全く身にならねぇなこいつ覚える気あんのか?」



「俺はなんでこんな奴からアドバイス貰わなきゃならないんだ?絶対俺の方が正しいだろ。」

はっきり言って、私はあります。あるどころかそんなような思いしかしてきていません。


では何故そのように感じてしまうのか、をまず、アドバイスをする側としての目線に立ち、私なりの意見としてスマブラ以外の事で感じたことを多く含めてまとめてみましたので、ネカマの戯言と思って聞いてくだされば幸いです。(アドバイスを受ける側についてはまた機会があれば書きたいなって思ってます)


さて本題ですが、皆さんは「アドバイスをする」とはなんだと思いますか?


先日、スマ勢の友人にアドバイスをたまにするけど全然治らない。この先しようにもどうしたらいいかわからない、と尋ねられました。その際にアドバイスとは?と聞いてみました。その方の答えは


「相手の悪い所を指摘し、より良い行動を教えてあげ、成長を助長する。」


という内容のものでした。大正解ですし、多くの方がこの意見なのではないでしょうか?アドバイスをして、より良くしようと思うその心はこの答えから来ているのだと思います。


ですが、私はこの答えにダメウーマンポイントを付けたいと思います。それは


1.アドバイスを与えることは相手を否定することと同じことを理解していない


2.アドバイスをするということは、自分の方が優位に立っているという気持ちに自然となり、自然と上からな目線になる


ことを理解していないと思ったからです。アドバイスは指導、助言、手助け、と良いように言葉を置き換えることが可能です。しかし私はあえて否定すること、と置き換えたいと思います。


アドバイスをして改善させたい当事者である彼の友人は、アドバイスを求めてる訳では無いらしく、アドバイスをする側が何とかしてあげたいからどうすればいい?という疑問でした。


はっきり言ってお節介以外の何者でもありません。自分の方が強いからアドバイスしてやろうという傲慢な考えにしかなりませんし、受けた方は自分の行動を頼んでもないのに否定されるわけですから、いい思いなんてするわけがないのです。また、ネチネチアドバイスをしていたせいで関係が悪化した、などという話を私生活で聞くこともしばしばです。


ではどうすればいいのでしょうか?友人を改善してあげたいという気持ちは素晴らしいことですし、その気持ちが間違っている、という意味ではありません。ほんの少しやり方を変えるだけでかなり変わると思います。そこで、いくつか意識しておきたいことを述べておきたいと思います。


1.アドバイスは常に求められてからする


2.アドバイスを求められたら自分の主観でだけでせず、相手のしたい行動、考え方も尊重する


3.アドバイスをして改善してあげようという気持ちを捨て、情報提供に留める姿勢を徹底する


これがとても大切なことであると私は強く思っています。


まずは1ですが、これはお節介だ!とか、お前に言われる筋合いはねぇよ!という反発的な態度をされることを拒否する意味でとても重要と言えると思います。アドバイスをしてあげたいと思っても、反発されては両者の気持ちはいい方向には向きません。発言の前に一歩踏み留まることが良好な関係を築く上でとても大切なことであると私の体験ではありますが確信しています。


次に2です。前述した通りアドバイスは否定と同じことです。2を意識することでこの否定の仕方も変わり、上からな目線を辞めることにも繋がる事だと思います。あくまで私はあなたの意見を尊重した上での意見だよ、と感じさせることができればアドバイスを受ける人はきちんと考えてくれてるな、ととても気分が良くなります。また、アドバイスをも求める人は自分のできない、上手くいかないことをわかって欲しい!という気持ちが多く含まれています。このことから、まずは相手をわかってあげる必要があります。特に女性は100%これです。


まぁ、とやかく言う私も美少女やってるんで、わかるんですけどね?別に改善案を聞きたいわけではなく、話を聞いて気持ちをもらいたい!って言うだけなので、男性が女性に相談を受けたらとりあえず聞くだけに留めてあんまり具体的な話をしない方がいいと思いますね!!あ、スマ勢諸君には関係ない話でしたよね...受けないですもんねすみませんでした...


さて、多方面に喧嘩を売っておいて3つ目。1.2と述べてきましたが、これら両方を常に意識するのは並なものではありません。それを踏まえて3はアドバイスをする人全てに通じる最も重要な考え方であると私は思います。これは、相手に知識を与え、改善案は相手に考えてもらうというやり方です。アドバイスをする側が直すところを指摘せず、あくまでこういう選択肢もあるけどどう?という情報提供をするだけ、という立場を崩さない姿勢をとれば、相手はあ、その選択肢もあったのだ!と気づき、次の対戦から試してくるでしょう。その後、1.2を行っていけばいいのです。


また、実力、実績などが格上の人に意見する上ではとても有効な手段であります。確かに実力が上である以上格下の意見が踏み潰されるのは妥当であると言えます。なぜなら、その考え方で勝てていないからです。しかし、実力と知識量はイコールではありません。例としてベヨネッタのずらしができるか否かについて見てみると、勝てているのにずらせない人や、負けているのにずらしが完璧な人がいます。ようするにフレンズによって得意なことが違います。そんな時に3を意識すればスムーズに格上に対しても助言をすることができるのです。


以上が私の「アドバイスってなんですか?」の問いの答えです。こんな偉そうな事言ってますが私はリアルも弱いですし、スマブラも実績があるわけではありません。しかしながら

スマブラに限らず私生活の中でもこれらの事は生かせるのではないでしょうか?


駄文を垂れ流しました。後で読んできっと後悔するでしょう未来の私とこれを読んで下さったマニアックな数少ない聖人達に幸運がありますように